これまでご出演いただいた客演の皆さんと

対談していこうというこの企画

「劇の人のはなし」。

その第一弾のお相手は

演劇集団キャラメルボックスの石原善暢さん。

後編は、「自身にとっての演劇とは?」「お互いの役者としての印象」などお芝居についてより熱く(?)語ります。

引き続きお楽しみください。

前編へ

――宇田の演出や本はどうですか?

 

 

石原 宇田くんってさ、台本、最初あがってくると、お笑いのネタが大量に入ってるんよね、面白くないと判断したらそこを削っていく。

 

 

森下 そうですね。(笑)

 

 

石原 稽古でやってみて、これイメージとちゃうな、と思ったら即ばっさりカットするという。決断が早い。

 

 

森下  稽古中にどんどん変えていく時もありますよね、笑いの演出にめっっちゃくちゃ時間かけるんですよ。

 

 

石原 稽古場だけじゃなくて、劇場入ってからもね!

 

 

森下 あと、宇田は植村さんが稽古場にいるとすぐ遊んじゃいます。

 

 

石原 ははは。

 

 

――「theatre PEOPLE PURPLE」はどういう劇団ですか?

 

 

森下 元々、キャラメルボックスさんが好きで立ち上げた劇団ですからね。おこがましいかもしれませんが、作風を寄せている時もありましたし。笑って泣けるみたいな。

 

 

石原 キャラメルのメンバーは、俺がピーパーに出てると結構観に来てくれてて。ピーパーの作品を見た後は皆もピーパーに出たいと言ってくれてた。

 

 

森下 えー!それは有難い…!石原さん、篠田剛さん、坂口理恵さん、三浦剛さん、菅野良一さんとか。たくさん出て頂きました。

 

 

石原 初演の『ORANGE』に僕が出た時も、キャラメルボックスの福岡公演の後にキャラメルボックスの劇団員が大阪でやってる『ORANGE』を観に来てくれて。

 

 

森下 そうですよね、沢山観に来てくださって!で、『ORANGE』の千秋楽に台風がきてしまって。

 

 

石原 そうそう、新幹線が動かなくて何人か観にこれなかったけど、そんな中でも止まる一つ前の新幹線に乗れた劇団員が来てくれて。終演後に、坂口さんが宇田くんに、「カッコいい役をやらせてもらってありがとうございます」ってお礼言ってた。(笑)

――役者として、お互いの印象は?

 

 

森下 うちに出てもらう時の役どころは、石原さんは、二枚目のカッコいい役どころ、いつもお願いしましたね。実際の石原さんもそうですけど、二枚目なのに面白いからずるい!(笑)という印象。

 

 

石原 ひさえちゃんはねぇ、しっかりもんやから、もう、劇団をずーっと支えてるという…(半笑い)

 

 

森下 笑ってるじゃないですか。

 

 

石原 いやいや、今もそうやけど、劇団員が楽しくなっちゃってたびたび脱線するのを元に戻すっていう。

 

 

森下 それ、役者としてじゃないじゃないですか!(笑)

 

 

石原 いやいや、もう、なくてはならない存在…

 

 

森下 だから、役者として。

 

 

石原 いや、柔らかい役から気が強い役まで、若い時から達者やなと思ってた。

 

 

森下 んー!ありがとうございます!

 

 

――役者としては若い頃と今ではどう変わってきた?

 

 

森下 若い頃は勢いでいけてたことが、年齢重ねると変に責任感を感じるというか、間違えちゃいけないとか色々プレッシャーを感じるようになった。昔は緊張しなかったのが、今の方がめちゃくちゃ緊張する。急にセリフがとんだらどうしようとか。勢いでやったれ、みたいなのが難しくなったかな。

石原 俺は若い頃はがんじがらめで、あれやらな、これやらな、みたいなのがあったけど、逆に今は開き直れるようになった。もしハプニングが起こっても、なんとかなるだろう、逆に面白くなるんちゃうかみたいな。舞台上を楽しめるようになったかも。

 

 

森下 関係ないけど、40超えてから物忘れがはげしくなった!人の名前が思い出せない!(石原さんに)そんなんないですか?

 

 

石原 俺全然出てこーへんよ。

 

 

森下 ハハハハハ!

 

――自分にとって演劇って何?

 

 

森下 なかなか難しい質問。単純に好きやから続けてます、っていうことではない気がする。

 

 

石原 多くのお客さんが目を輝かせて、泣きながら、笑いながら、感動してくれるってことはなかなかないわけで。そういう職業はなかなかない。お客さんから伝わってくる感情、感動が演劇をやるエネルギーになってると思う。

森下 うんうん。人間の(お客さんの)空気感って不思議なもので、目に見えるものじゃないのにひしひしと感じるというか。

 

 

石原 さっきの話じゃないけど『ORANGE』なんかはとくにそれを強く感じるよね。被災地でやると嗚咽になったり…。

 

 

森下 そうですね……まだまだ各地で続けて行きたいですね。(石原さんに)どうですか?年齢あがったということで、石丸隊員ではなく、次は桜井隊長役とか、高橋小隊長とか。

 

 

石原 そうやね…!どちらもやりたい役のひとつよね。

 

 

森下 ということで、石原さん、ぜひまたうちの舞台にも出てください!

 

 

石原 そやね、ぜひ!

 

 

森下 今後ともよろしくお願いします!今日はありがとうございました!

 

 

石原 ありがとうございました!

おわり

2019-07-14 SUN

​(写真撮影:片山誠子)

石原善暢(いしはら・よしのぶ)さんのプロフィール

1973年うまれ。大阪府出身。JFCT所属。

2002年より演劇集団キャラメルボックスに入団。

舞台、映画、テレビなど幅広く活動。

CF アクサ損害保険『チームAXA編』ほか、映画『検察側の罪人』、

NHKBSプレミアム『おしい刑事』、テレビ朝日『相棒12』など。

theatre PEOPLE PURPLE 2019 夏公演

新作「STRANGE  CLAN」

2019年8月29日(木)~ 9月1日(日)

会場 池袋・あうるすぽっと

脚本・演出  宇田学

​前売​一般発売 7/27(土)10:00

前編へ

SHARE

© theatre PEOPLE PURPLE

  • Twitterの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円